夏休み突入、ノートに「飛躍の夏」と書いて中学生に渡した。

私「夏休みにノート一冊終わそうね。1,2年生ががんばってくれないと、

いしざき塾の未来はないんだよ」

Y 「……」

私「ビシビシいくからね。意地悪でするんじゃないよ。愛のむちだからね」

Y「先生、これなんて読むんですか」

私「ひ・や・く」

Y「どういう意味ですか?」

私「グンと進歩すること」

Y「あいのむちって何ですか?」

私・そばにいた3年生「…………」