小説自分史を書くための文章教室に参加した。宿題が「私の原風景」で原稿用紙5枚。

もともと書くことは好きなので5枚は楽勝…でも「原風景」っていうのがわからない。

恥を忍んで顔見知りの元国語の先生に聞いてみた。

「原風景というのは現在の自分があるための心の中の風景、つまり今の自分に強く

影響を与えた体験ということかな」

「はあ…」

わかったようなわからないような…自分の生い立ちとにらめっこ、この作業も小説

を書くのに必要なんだそうな…。