スーパーでブルーでブラッドなムーン!ということで

1月31日の夜、宇都宮の空に不気味に光る月が輝いていた。

さくさくと雪を踏みしめる。止まって月を見る。テツが赤い月に向かって吠える。

テツはオオカミ男となって、私をこ脇に抱え走り出す。

私はどこに連れていかれるのだろう。

テツがオオカミ男ならこわくない。

「あなたも狼に変わりますか~♪」古い歌が頭をよぎる。

「おまえちゃんと月見てんのか。次は35年後だぞ!」

19年後とか35年後とか150年後とか、それはもう見られないかも

しれないってことですかね。

では妄想にふけらず、目に焼き付けておこう。