中学2年生  蜘蛛の糸

……小さな蜘蛛にも優しく助けてやれるカンダタは優しい心を持っていた。

僕もカンダタのように小さい生き物を大切にできるような心を持てるようになりたい。……

 

私  「これおかしくないか。カンダタは極悪人だよ。

悪いことばかりしてきて、たった1回だけ蜘蛛を助けたわけ。

それでも『僕もカンダタのようになりたい』って書くかなあ。

中2男「おおっ」

私  「おおじゃない!表面だけ読んでるからこう書いちゃうんだよ。

ここから想像を広げるんだよ。

お釈迦様は蜘蛛の糸一本分だけ救いの手をさしのべたとか、

カンダタはどんな環境で育ったのかとかね」

中2男「おおっ」

私  「ここの部分に10行、自分の言葉で加えてくる。はい、がんばって」