小学6年生 マザーテレサ

マザーは死を待つ人の家や休憩の家、子どもの家などを作った…

私    「休憩の家ってどんな家?」

小6女の子「えーっと(本を見ながら)ハンセン病の人の施設」

私    「ハンセン病ってどんな病気?」

小6女の子「えー知らない」

私    「それじゃあ、マザーテレサがどれだけ大変なことをしたのか

わからないと思うよ。ネットで調べてみたら」

小6女の子「うん調べる調べる……えーやばっ、ショッキングな画像がでてきた。

見なければよかった。でも本を読むだけじゃよくわからなかったから、

やっぱり見てよかったのかな」

 

感想文を適当に本から抜粋して、終わりにしていた彼女。

後ろについている年表を見ながらの感想文では、なにも伝わらない。

マザーは愛の手をさしのべた。それがどういうことか

少しわかってくれたろうか。私も一緒に勉強させてもらった。