中1女子 ごんぎつね

…ごんが死んでしまってかわいそうだと思いました。

…ごんはやさしいです。

「ごんぎつね」で感想文を書くというので、最初に伝えたのが「小学生が書くような感想文ではダメだ」

ということだ。特に中学生で絵本や低学年用の本を選んだ生徒には、表面的な感想ではなく、深い所まで

考えてもらいたい。

ごんはいたずらのつもりで、ウナギを逃がしてしまう。

兵十は死を前にした母に、ウナギを食べさせたい。

ごんは償いに、栗や松茸を兵十に届ける。

兵十は気づかない。

兵十はごんを殺してしまう。

ごんの気持ちが伝わったが、もう遅い。

この気持ちのすれ違いについて、自分の言葉で書けたら、

それはそれは立派な感想文になるだろうなあ。