小学5年男子  グリックの冒険

今回は友達になるのに時間がかかりました。このようにのんのんと北の森に向かうことになりました。

 

清書に入りました。

小5 先生「このように」はおかしいと思うんです。「しかし」に変えていいですか。

私  いいよ。というか「しかし」のほうがいいね。

小5 はい ぼくもそう思います。

 

去年は誤字脱字が多く、字が読みづらく「丁寧にね、ていねいていねい」と隣で言い続けて書かせたのです。それが今年は、1字1字丁寧に。「ここ、もう少しふくらませようか」と言えば、自分で調べて書き直してくる。これは全て去年いただいた社長賞のおかげです。

私が高校1年の時、小論文の提出がありました。明日提出なので適当に書いて間に合わせましたが、どうしても気にいらない。翌日書き直して先生のところへ向かいました。先生は次の授業の最初に、名前は伏せて私のそれを読んでくださいました。私が国語が好きになったのはこのときからです。

認めてもらえるって、大人だってうれしいですよね。いつもガミガミ怒ってばかりでは子どもの芽をつんでしまうかもしれない。反省、反省……